□eを●●していたスレ

〜 FFXIを愛するプログラマのチラシの裏 〜

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 解析 | TOP | 金策ノ終 >>

2009.10.27 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.11.27 Monday

獣道ノ壱

記事の更新が一週間ほど停滞していましたが、今回は理由があります。

実は嫁さんが「召喚士」やりたいというのですが、僕が相性のいいジョブで近いレベルのジョブを持って無かったため、色々考えたのですが3つ目に上げるジョブを「獣使い」にして12〜36までをソロ、そこから嫁さんの召喚と合流して2人で75まで上げることに決定しました。

そんなわけでブログの更新をする間を惜しんで獣道を極めることに余念が無かったのですが、今まで馴染んで来たPTプレイとは必要とされるスキルが全く違いますね。

そんなわけで今まで歩いてきた獣道の軌跡をまとめます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<準備するもの>
・メインジョブ:獣使い
・サポートジョブ:白魔道士
・サイレントオイル
・プリズムパウダー
・リレイズ装備or呪符リレイズ
・女帝の指輪
・300,000ギル以内のおやつ
・操れるモンスターを慈しむ心
・HPの少ないペットを見捨てる心
・折れない心

<軌跡>
・LV1〜13
ロンフォールやラテーヌなどで肉を食べ続けながらひたすら狩り続ける。
モンスターをあやつる必要はない。
周囲からは戦士に間違われるが気にしない。
ガルカならオーキシュアクスを持ってオークプレイに興じるなど、心の余裕も必要。
 
・LV14〜16
ラテーヌのキノコやカニ、羊などをお好みで。
楽or丁度を操り、おなつよor強いに当て続ける。
初心者などに好奇の視線を浴びせられる事が多いが、
見つめ返したり後ろをつけるなど、大人で紳士な対応を心がける。
奇声をあげるのも効果的。

・LV17〜20
オルデール鍾乳洞にてウサギ、コウモリ、カニを操り、前者3種とゴブをターゲット。
この辺から同業者もちらほら見受けられるようになるが、同業者の後ろには高レベルの白魔道士がいることに若干鬱になりながらひたすら狩り続ける。

・LV21〜23
同レベル他ジョブのジュノデビューに地団駄を踏みながら一足遅い砂丘デビューに挑む。
カニ・羊・トンボ・リーチなどを操り、ゴブなどに怒りと共にぶつける。

・LV24〜27
ジュノデビューを果たす、がチェーンメイル系装備を整えたらすぐにバストゥークへ。
コロロカの洞門にてコウモリ・スライムを操り、ひたすらコウモリを落とす。
23から使える「よびだす」で相棒のキャリーと戯れながらミミズを蹴散らすのも案外良い。
スライムが異常に操りにくいので、この辺からカリスマ(CHR)のブースト装備を考え始める。
なお、スライムの操りに成功したら即2時間アビリティ「使い魔」を発動して30分のボーナスタイムに興じるのが一般的。この際「いたわる」でスライムのHPを回復することを忘れない。

備考:モンスターシグナ(+8) 希望の指輪(+2) ノーブルリボン(+3) バードホイッスル(+3)
   ペットイプシロン(300回復) ペットゼータ(350回復)

・LV28〜30
閑散としたクフィム島にてカニ・魚・コウモリを操り前者3種+骨と戯れる。
夜の脅威と恐れられる骨は格闘に弱い上にHPが低めなので、おなつよ、強いくらいの骨でも丁度のカニや魚などで案外やっていける。
追記:バンシーはダメだった


<小技・テクニック>

・敵がぎりぎりタゲれるくらいの距離ならケアルで回復してもヘイトが上昇しない。
・逆に上記の範囲より近くで「ほんきだせ」などのペットコマンドをするとヘイト上昇。
・「いたわる」ではヘイトはほとんど上昇しない。
・「いたわる」や「ほんきだせ」などのペットコマンドはペットとの距離が遠くても発動する。
・呪符リレイズは「これはもうだめかもわからんね」という状態で使っても間に合うくらい高速発動する。


というわけで一週間程で12->30まで上がりました。とりあえずの目標は36です。
横の嫁さんが言うには獣のレベル上げをしているとき、リアルで一切の言葉を紡がなくなるため存在感が薄くなっているそうです。この調子で「絶」を体得しようと思います。

2009.10.27 Tuesday

スポンサーサイト


03:32 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://takaw30.jugem.jp/trackback/117

トラックバック

▲top